親の介護準備
 

「親の介護」は避けることができない。だからこそ、早めの準備をはじめよう

親の介護や親の死…考えたくありませんよね。ずっと元気でいてほしいし、いるのがあたりまえ、いなくなるのは想像できない。
でも、生き物には必ず平等に死が訪れます。また、現代では寿命が長くなった分、「介護」も避けられないテーマです。

「実の親の介護」だけではありません。「義理の親の介護」「配偶者の介護」「兄弟の介護」そして、「自分自身が介護されること」…。
50歳から介護に向き合うとしたら、人生の半分は、介護に関わる期間だといえるかもしれません。

でも、だからと言って、心配しすぎないでください。
介護の悲しいニュースや大変さが聞こえてくることが多いですが、一方で、親を介護できてよかったと振り返る介護経験者もたくさんいます。
それにどんな物事も、事前に備えておけば、精神的にも物理的にも負担が軽くなります。 早めに知識を蓄えてみてください。
 

まず知っておきたい「介護の基礎知識」

 
 

親に介護が必要になったとき、いくらかかる? 何をすべき?

  • 介護にかかるお金の目安

    介護で避けられないお金の話。介護の費用がどれくらいかかるのか知っておこう。

  • 介護が始まったらすべきこと

    介護は突然始まるもの。いざ、始まったら何をすべきか事前に知っておこう。

  • 高齢になった時の暮らし方

    高齢になった時の暮らし方

    親だけでの暮らしが難しくなったらどうする?同居?老人ホーム?サ高住?病院?

 
 

介護が本格的に始まる前に、少しづつ準備をはじめよう



親の介護予防にプレゼントやメッセージを

親が元気にイキイキと暮らせることは、そのまま介護の期間を減らすことにつながります。

親にとって、子供や孫とのコミュニケーションは大きな楽しみ。単調になりがちな日々の刺激にもなります。
誕生日などにプレゼントを贈ったり、日頃の感謝を言葉にして伝えることは、介護予防の観点からもおすすめです。

Oyaimaでは、シニアのためのプレゼントの選び方や、おすすめ商品も多数ご紹介。
気持ちを伝えるメッセージカードを添えてお届けします。

シニアへのプレゼントの選び方