親の介護準備
 

「親の介護」は避けることができない。だからこそ、早めの準備をはじめよう

親の介護や親の死…考えたくありませんよね。ずっと元気でいてほしいし、いるのがあたりまえ、いなくなるのは想像できない。
でも、生き物には必ず平等に死が訪れます。また、現代では寿命が長くなった分、「介護」も避けられないテーマです。

「実の親の介護」だけではありません。「義理の親の介護」「配偶者の介護」「兄弟の介護」そして、「自分自身が介護されること」…。
50歳から介護に向き合うとしたら、人生の半分は、介護に関わる期間だといえるかもしれません。

でも、だからと言って、心配しすぎないでください。
介護の悲しいニュースや大変さが聞こえてくることが多いですが、一方で、親を介護できてよかったと振り返る介護経験者もたくさんいます。
それにどんな物事も、事前に備えておけば、精神的にも物理的にも負担が軽くなります。 早めに知識を蓄えてみてください。
 

まず知っておきたい「介護の基礎知識」

 
 

親に介護が必要になったとき、いくらかかる? 何をすべき?

 
 

介護が本格的に始まる前に、少しづつ準備をはじめよう



介護が気になってきたら、少しづつ情報収集をはじめたいサービス

老人ホームは、料金も施設の種類もさまざま。
「地域にどんな施設がある? いくら?」を知っておくと、選択肢が広がりいざという時にも慌てずにすみます。



高齢の方の多くの思いは「家族に迷惑をかけず、自分も気を使わず暮らすために、自宅で生活したい」。
そんな思いをかなえるために、離れていてもサポートできる見守りカメラは、検討したいサービス。



母親・父親の介護予防にプレゼントやメッセージを

親が元気にイキイキと暮らせることは、そのまま介護の期間を減らすことにつながります。

親にとって、子供や孫とのコミュニケーションは大きな楽しみ。単調になりがちな日々の刺激にもなります。
誕生日などにプレゼントを贈ったり、日頃の感謝を言葉にして伝えることは、介護予防の観点からもおすすめです。

Oyaimaでは、高齢の方へのプレゼントの選び方や、おすすめ商品も多数ご紹介。
プレゼントは、ご指定の文章を入れたメッセージカードともにお届けします。
母親、父親が元気な日々を過ごせるよう、親を気遣うあなたのその気持ちを、ぜひ言葉と形にして届けましょう!

プレゼントを見てみる → シニアへのプレゼントの選び方


介護予防に役立つ プレゼント 人気記事

認知症予防におすすめの贈り物…予防は早めが肝心。楽しく認知症予防ができるものを贈ってみては。

気持ちが沈みがちな親へのプレゼント…気持ちが沈んだり怒りやすくなった親。贈り物で気分を変えて。

自粛・おうち時間を快適にする贈り物…家で過ごす時間をより快適に。離れて暮らす親・祖父母への贈り物。

一人暮らしの親・祖父母へのプレゼント…少し心配だけど、自立した暮らしを応援したい。そんな時の贈り物。

60〜90代 女性へのプレゼント選び…60〜90代の母親や祖母への贈り物の参考に。何がうれしい? 何がNG?

60〜90代 男性へのプレゼント選び…60〜90代の父親や祖父に喜んでもらえるものは? 年代別にご紹介。





特集



Copyright (c) Oyaima all rights reserved.