親の元気支援
 

「介護が始まったら…」だけでなく「介護状態にならないために何ができるか?」を考える

日本の平均寿命は84.2歳。世界で2番目に長いのですが、健康寿命はもっと短く74.8歳。
…ということは、人生最後の9.4年間は、いわば健康でない期間と言えます。かなり長いと思いませんか?

多くの人は、健康に長生きしてから、病気に苦しむことなくコロリと亡くなる「ピンピンコロリ」を希望します。
しかし、年を取ってもピンピン元気に生きるには、身体と心の健康が欠かせません。
この心身両面の健康を保つために、子供や孫ができること、さりげなく支援できることは意外にたくさんあるのです。

親が元気にイキイキ暮らせることは、介護期間を減らすことにつながります。
また、あなたが親と向き合う様子は、あなたの子供や配偶者、親族にも見られています。
将来あなたが年をとったときに、あなたがしたことがお手本となり、そのまま自分にかえってくる可能性も高いでしょう。
どんな形で親に関わり、支援したらよいのか、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

離れていても親の状況を知り、元気づけられる関わり方



親の介護予防にプレゼントやメッセージを

親が元気にイキイキと暮らせることは、そのまま介護の期間を減らすことにつながります。

親にとって、子供や孫とのコミュニケーションは大きな楽しみ。単調になりがちな日々の刺激にもなります。
誕生日などにプレゼントを贈ったり、日頃の感謝を言葉にして伝えることは、介護予防の観点からもおすすめです。

Oyaimaでは、シニアのためのプレゼントの選び方や、おすすめ商品も多数ご紹介。
気持ちを伝えるメッセージカードを添えてお届けします。

シニアへのプレゼントの選び方